blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< お弁当その1 簡単サラダ巻き! | main | 【告知】安心やさい実演販売in東急ハンズ新宿店 >>
O-111とは
0

    2011年4月29日 ユッケ食中毒事故が起きました。
    「安心やさいは食中毒の原因菌をやっつけます、塩素殺菌と同レベルです」
    と説明しているのですが、過去に“O-111”食中毒が話題になったことはありません。
    代表的な食中毒の原因菌といえば、大腸菌O-157・腸炎ビブリオ・サルモネラ・緑膿菌で
    す。
    鶏肉調理で心配なのはカンピロバクター、だそうです。
    これも、安心やさいで殺せます。
    (※殺菌データはコチラから )

    “食の安全性”を脅かす事件は後を絶たないものですね。
    まだ、調査中なのでなんともいえませんが、感染源が気になります。

    ところで、O-111は(オーいちいちいち)と読みます。
    大腸菌の中でも、病原性を持つ種類のひとつで、
    皆様よくご存知の大腸菌O-157(オーいちごーなな)は同じ仲間です。

    O-111は、感染して2〜3日後に血便・腹痛(出血性大腸炎)を起こす、そうです。
    腸管出血性大腸菌O-111の特長は以下のとおり。
    1 .100個位の少ない菌数でも発症。
    2. 容易に、二次感染する。
    3 .赤痢菌のような強い毒力の “ベロ毒素“を出す。
    4 .大腸粘膜に取り込まれると、細胞が死滅。
    5 .血液中に取り込まれると、急性腎不全・急性脳症も起こす。
    (以上、ウィキぺディアより)

    O-111は、何処にいるのか?
    牛などの糞便などから検出されるのだが、
    牛に感染しても牛には症状が出ないとか。
    ヒトに感染すると大変です。菌に対して抵抗力の弱い者ほど症状は重くなります。
    「ユッケ、美味しい!」という若者はとても多いし、
    「生で食べるな」というのも難しい。
    実際問題としては「安全なユッケ、食べたい」人は多いし、
    食中毒が心配な人は「食べないと決める」しかないだろう。

    安心やさいの実演現場で、中年の男性との会話から。
    「除菌できます。食中毒の原因菌もやっつけます!」
    「毒を食っても死なないで生きてきた。菌なんて平気だよ」
    「それは、健康でよかったですね」
    「水で洗えば、きれいになるし、気にしすぎだよ(笑)」
    「・・・・・?!」
    (本当は、水のことや大気汚染のことを説明したかったのだが、めげてしまった)

    安心やさいご愛用のお客様といえば・・・
    第一に、アレルギー体質のお子様をお持ちのおかあさん。
    第二に、ガンの手術をされた家人がいらっしゃる方。
    第三に、海外駐在が決まった方。

    これから、オススメしたいのは、
    子育て中のおかあさん。特に離乳食が心配なおかあさん、です。

    身体の中をきれいにして、さらに、免疫力を上げておけば、
    食あたりしても症状は軽くなる。うまくいけば、食あたりもしないかもしれません。


    その他過去のお客様の声はコチラから
    ホームページはこちら 
    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルせっけん」新発売>>商品のご購入はこちら

    | | コラム | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/152
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ