blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< お米の研ぎ方 (安心やさいを使って) | main | お米の研ぎ方。安心やさい溶液は最初に。 >>
虫刺され。安心やさいが予防になる?!
0

    アレルギー体質のお子さんは、あまりの痒さに皮膚を掻きむしってしまう、
    という蚊の季節の到来です。

    「安心やさい溶液をスプレー容器に入れて、シュッシュッすると効果アリですよ
    「刺されても、すぐスプレーするとかゆくならない」とも聞きました。
    ※5/30ブログ「もう蚊に刺されちゃった!」コチラから 

    羽音高くキィ〜ンと寄ってくる蚊。暑いだけでも寝苦しいのに・・・
    今回は、蚊について調べました。

    蚊の種類
    ・ヒトスジシマカ・・・ヤブカともいう。飛べる距離は50mほど。
    ・アカイエカ・・・住宅地。活動は夜。獲物を求めて1?も飛ぶ。
    ・チカイエカ・・・水洗トイレの浄化槽・ビル地下の溜まり水に、冬でも発生する都市型の蚊。

    蚊の発生場所
    水が溜まる所。
    →下水溝・雨水マス・空き缶・古タイヤ・竹の切株・墓地の花立など。

    蚊のライフサイクル
    1.平均4〜5回吸血し、消化吸収して卵巣が発達。
    2.4〜5日後に300粒あまりの卵を産む。
    3.卵は2〜5日で幼虫(ボーフラ)となる。
    4.それから7〜10日で4回脱皮してサナギになる。
    5.さらに3日ほどで成虫に。
    6.成虫になり一ヶ月間生きる。

    吸血するのは・・・
    メスだけ。
    産卵するために雌の蚊が吸血します。なお雄の蚊は吸血しません。
    雄・雌ともふだんは花の蜜、果物の汁、樹液などが“食物”です。
    人間の皮膚に止まり血を吸い終わるまでに約2分30秒、
    そのうち、唾液を注入するのに約16秒掛かります。
    血を吸うとき、同時に6つの針を人間の皮膚に挿入。
    吸血量は、自分の体重と同じくらい。

    蚊の好む環境とは・・・
    二酸化炭素濃度の高い場所、温度が高い場所、汗などの臭い。

    刺されやすい人とは・・・
    呼吸回数が多い。体温が高い。新陳代謝が活発。
    汗をかいている。血液型ではO型が多い、とも。

    なぜ、かゆくなるのか・・・
    蚊は血を吸うときに、唾液を注入します。
    唾液には痛みを感じさせない麻酔成分と、血液が固まるのを防ぐ成分が含まれています。
    2分かけて吸血すると同時に、注入した唾液は蚊の体内に再び戻されます。
    しかし、吸血を中断する事態が発生すると、唾液がヒトの体内に残ってしまい、1分後にかゆい、と感じるのです。

    蚊の困った点は・・・
    マラリア・デング熱・日本脳炎の感染源も、唾液と一緒に人体内に送り込んでしまう事です。

    蚊のやっつけ方は・・・
    蚊を上からたたき潰すと唾液がヒトの体内に流れ込みます。
    指ではじき飛ばす方がよい、そうです。


    メスしか刺さない、って知ってましたか?
    かわいそうだから生かしてあげよう、と思ったりして・・・?


    その他過去のお客様の声はコチラから 
    ホームページはこちら 
    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルせっけん」新発売>>商品のご購入はこちら

    | | コラム | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/163
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ