blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< 虫刺され。安心やさいが予防になる?! | main | 放射能。セシウムは安心やさいでとれますか? >>
お米の研ぎ方。安心やさい溶液は最初に。
0

    "安心やさい"溶液はヌカをすばやく剥がします。
    冷めても美味しいご飯になります
    お弁当にはうれしいですね

    用意するもの
    ボール&ザル、安心やさい溶液(1g/水2ℓ)
    ※詳しいお米の研ぎ方はコチラから 

    お米を研ぐときに大切なポイント
    1.ヌカ臭さを吸収させない
    2.“手早く”すること
    3.ゴシゴシと研がない

    最初に使う水はとても重要です
    ゆっくり注水すると・・・
    ヌカやゴミ、ホコリを含んでいる「汚れた水」が、
    あっという間に、乾燥しているお米に吸い込まれてしまいます
    一度吸い込まれた水は、お米の芯まで吸収され二度と取り除くことは出来ません

    お米が最初に出合う水を“安心やさい溶液”にすると、
    ワンランク上のお米になります
    昔のように、ゴシゴシとお米を研ぐ必要はありません。楽ですよぉ〜 

    研ぐ回数
    精米技術がかなり進んでいますので、
    通常のお米なら1〜2回、研いですすいで、を繰り返せば綺麗になっています。
    しかし、精米してから時間がたっているお米や、
    見るからに表面が白く粉が吹いている様になっていたら、
    更に1〜2回多めに研いでください。

    浸水時間
    研いだあとはザル上げをせずに、炊飯器のお釜へ移して、
    最低1時間(理想は2時間)は浸水させてください。


    黄色のとぎ汁は再利用できます
    黄色のとぎ汁は、安心やさい溶液のアルカリ性と反応して黄色くなったものです。
    ◆酸化したお米の表面が剥ぎ取られたもの
    ◆水に溶け出たデンプン
    ◆付着していたヌカ成分
    が混ざっています。
    昔から“お米のとぎ汁”は植物の栄養分として撒かれていました。

    安心やさい溶液は、カルシウムが主成分となっています。
    そのままでは、アルカリ性が強いので、5〜6倍に薄めて植木の根元に。
    観葉植物の緑が濃くなったり、花がたくさん咲く、ようになるんですよ
    日本の土は酸性土壌なので、アルカリで中和するとよい、とか。

    安心やさい溶液は、天然素材の除菌剤です。
    うどん粉病とか、アブラムシ対策とか。家庭菜園にも使えます。
    1000倍希釈して、葉面散布している農家さんもあるんですよ
    是非、お試しください 


    その他過去のお客様の声はコチラから 
    ホームページはこちら 
    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルせっけん」新発売>>商品のご購入はこちら

    | | 食材の除菌・洗浄 | 10:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    初めまして。少し教えていただきたいことがあります。

    お米の洗浄についてですが、我が家は玄米を家庭用精米機にかけて7分搗き、胚芽米などで食べています。

    洗い方には玄米、白米、無洗米は解説していますが、分搗き米はどのように洗浄すればよいのでしょうか?

    | その | 2012/04/10 11:06 AM |
    >その様
    安心やさいをご愛用頂き、ありがとうございます。
    お問い合わせの件、お答え致します。
    分搗き米も白米と同様に10秒間の洗浄をお願い致します。

    | 安心やさい | 2012/04/16 10:51 AM |
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/164
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    bolg index このページの先頭へ