blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< お米の研ぎ方。安心やさい溶液は最初に。 | main | 「安心やさい」大ファンです♪ >>
放射能。セシウムは安心やさいでとれますか?
0

    昨日(6/2)、荒茶からセシウム137が検出され、
    出荷停止の措置がとられました。

    前回問題となったヨウ素は、
    半減期が8日間だったため、
    さほどの恐怖感も無かったのですが、
    セシウムは30年間、でした。
    そうはいっても、
    身体内に取り込まれたあとは、
    比較的短い期間で排出できる、
    とどこかで読んだ気がしているのですが、
    念のため、調べなおすことにしました。
         

    セシウム137は、
    人工的に作られるウランの核分裂により、生成される放射線同位体。
    原子炉の廃棄物からも抽出される。

    放射性ヨウ素は揮発性。
    大気中には、ガス状で放出され拡散する。
    放射性セシウムは、核分裂した場所から離れた所で生成される。

    1945年ころから始まったさまざまな核実験、
    広島や長崎の原子爆弾投下、チェルノブイリ原発事故
    が原因となって、
    セシウム137は大気中に放出。
    大気中の塵や雨とともに地上に降ってきた。

    このような放射性降下物は、“フォールアウト”と呼ばれている。
    日本では、日本海側で放射性物質の濃度が高い、とか。

    セシウム137は、
    1986年のチェルノブイリ原発事故の周辺地域で、
    事故後25年経過してもなお、発生している放射能である。
    数年から数百年の冷却が必要で、
    自然崩壊するのを待たなければならない。

    セシウム137は、
    半減期30年のガンマ線の強い発生源である。
    ガンマ線は透過率が高いので、
    服を通り抜け、身体に当るものがある。


    放射性物質は人体への影響が大きい。
    ヨウ素131は甲状腺、セシウム137は血液(筋肉)、ストロンチウム90は骨、
    にそれぞれ集る。

    セシウム137は、体内に取り込まれると、
    ほぼ100%が胃腸管から吸収されて血液中に入り、全身に分布する。
    しかし、うれしいことに、比較的早く体内から、
    尿、便、汗として排泄される。
    体内量が半分になるのは、成人男子では100日、新生児・乳児では10日くらい。

    問題になるのは、
    セシウムはカリウムと似た働きをするから、
    植物の細胞に蓄積する傾向がある、という点だ。
    たとえば、チェルノブイリ事故の後、
    キノコは、セシウムが特異的に濃縮されることが分った。
    なぜならば、
    キノコは土壌の表層に菌糸を張って成長するから、
    仮にセシウムの汚染土壌ならば、容易に基準値を超えることになる。



    セシウムを体内に取り込まない対策は、3つあるそうです。
    ?牧草・地衣類・キノコなどを栽培するなら、土の表層部分を全部取り替えすること。
    ?カリウムやカルシウムを多く含む肥料を加えて、
    植物に取り込まれるセシウム137の量を低くすること。

    "安心やさい"の成分には、カルシウムもカリウムも珪素もあるから、1000倍希釈して使えばよい、のかも・・?!

    ?葉物類に付着した放射性物質を塵・ホコリとともに取り除くこと。

    簡単に出来るのは、水洗い。
    これで10〜50%は落ちる、と政府の説明があった。
    放射性物質が水で落ちるなら、"安心やさい"溶液のほうがもっと落とせるだろう。
    水よりも落とせるなら、
    "安心やさい"での10分間の漬け置き洗いをやってみませんか?

    【〜続く〜】
    (参考:ウィキぺディア)
    (参考:「放射能と人体」研成社)

    その他過去のお客様の声はコチラから 
    ホームページはこちら 
    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルせっけん」新発売>>商品のご購入はこちら

    | | コラム | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/165
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ