blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< 疲労回復には肩の筋肉をゆるめましょう(4) | main | 疲労回復には毛細血管を活性化(6) >>
疲労回復には“背中美人”を目標にするといい(5)
0
    スポーツ番組を見ていると、試合直後に、
    丁寧にストレッチしているスポーツ選手を見ます。

    プロの選手達は、身体のことも食事内容も、

    よく勉強しています。



    普通、運動経験の無い人ほど大胆な行動を取るものです。

    ストレッチなしで、いきなり運動します。

    また、運動が習慣になってくる時期には、

    「身体が疲れていても休みたくない」と言います。

    気持ち先行型なんですね。

    「今、やりたい運動を休むのは、どうしても無理」と言います。

    疲れた身体を休ませるのにも、勇気がいるらしい。

    本末転倒ですね。

    数年後、「膝が痛い、腰が痛い、かかとが痛い」

    と病院通いが始まるのです。

    後悔は、ゆっくりと、あとからついてきます。


    一般には運動していない人が大半ですが、

    身体がしなやかで健康ならば、問題なしです。

    老若男女、運動の有無にかかわらず、

    体が硬い人は、たいてい筋肉が硬いようです。

    筋肉が硬い箇所には、酸素が届きません。

    酸素が届かないと、二酸化炭素も老廃物も溜まったままです。


    20年前から、スポーツジムが出来はじめました。

     “生涯スポーツ”という言葉も生まれました。

    60才以上の団塊世代は概算で1300万人。

    子育ても仕事も卒業したからでしょうか?

    昼間のジム通い人口も確実に増加しています。


    スポーツに関していうと、

    筋肉と年令は比例しないので、“鍛えた者勝ち”です。

    でも、長く続けたければ、無理は禁物。

    “運動したら体をほぐすこと”です。

    これも未病対策といえるでしょう。


    バレエのプリマが背中に注射を打ってでも、

    緊張した筋肉をほぐそうとしているのを知り、

    妙に納得しました。


    ランニング直後、臀部がパンパンに張っています。

    トレッキング直後に、太ももがつりそうな場合もあります。

    すぐ、ストレッチをして緊張をほぐしておくと、

    翌日の筋肉痛を軽減できます。


    こんな症状がありませんか?

    通勤電車でバッグを肩にかけていると、背筋に一瞬痛みが走る。

    パソコンに顔が近いし、両肩が体より前に出ている。


    今日は背中の筋肉について調べました。

    僧帽筋・・肩こりの原因筋。

      筋肉は上部・中部・下部の繊維に分類され、
      鎖骨の外側〜肩甲骨の動きを決定しています。

    広背筋・・背中で最大面積の筋肉。

      この筋肉が緊張すると、
      最高位置までのバンザイが出来なくなります。
      お尻の上で手を組むと筋肉の緊張がほぐれます。
    大殿筋・・スポーツ経験者は意外と硬くなっている。

      腰痛の原因。

    中殿筋・・股関節を骨盤に固定。

      この箇所が弱いと、
      片足立ちした時にぐらついたり、転倒します。

    小殿筋・・一番奥に位置しているため、触診できません。

      中殿筋と同様、弱っていると転倒しやすくなります。
      この筋肉をインナーマッスルと言います。
      比較的穏やかな運動によって、鍛える事が出来る筋肉。

    腹筋と同じくらい、背筋は大切です

    背筋力がないと、胴体は支えられず、

    背中が丸くなってしまいます。

    腹筋だけ鍛えても効果の上がらない場合は、

    背筋を鍛えると、グッと体型が変化する、といいます。


    肩甲骨は頭・背骨・腕を繋ぐ筋肉がたくさんあります。

    背中のストレッチは難しい、と言われていますが、

    コツとしては、

    肩甲骨周りの筋肉を動かすことです


    背中は自分では見えません。

    毎朝、ひげをそったり、念入りにお化粧しても、

    背中のことは考えていません。

    つい油断してしまいます。


    立ち姿を素敵にするには、三つのポイントがあります

    硬い筋肉をほぐすこと。

    筋肉量を増やすこと。

    背中を柔らかくすること


    さらに良い事があります

    背中が柔らかくなると、熟睡できます

    肩こりも解消します

    背中美人になります


    男性も女性も“背中美人”は案外少ない。

    差をつけるなら、背中で勝負できますよ。

    姿勢も良くなって、元気になれば、

    当然、モテること間違いなし、ですね



    次回は、毛細血管についてです。

    〜続〜
     

    お客様の声はコチラから 
    ホームページはこちら 
    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルせっけん」大好評発売中>>

    <<安心やさい配合の「素肌ナチュラルバスハーブ」新発売>>商品のご購入はこちら        


    | anshin-yasai | コラム | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/292
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ