blog index

安心やさい お客様だより

植物にいいことは、ヒトにもいい。
赤ちゃんにいいものは、みんなにもいい。
「カラダにいいもの情報」みんなで集めましょう!
<< 安心やさいでアク取り不要。 | main | 発芽玄米は栄養の宝庫だった! >>
無農薬の玄米を見つけました!
0
    白いごはんが一番美味しいよ〜という男性は多いですね。
    健康志向派は、「雑穀米や玄米が美味しい」と言います。

    さて、本日のお客様からの質問をご紹介します。
    「がん患者です。食事の指導を受けました。
    ニンジンジュースも毎朝作って飲んでいます。
    "安心やさい"で洗うとニンジンが黒くなって、
    以前ビックリして電話した事があります。
    (以前の質問はこちら2011.09.16 ニンジンが黒くなった!?

    今回の質問は、“玄米”のことです。
    玄米は発芽させると栄養価が上がる、と書いてありました。
    自分でも作り始めました。
    ミネラルウォーターに浸けて、冷蔵庫に3〜4日入れておいて作るんです。
    それを食べるのですが、モソモソして食べにくいのです。
    "安心やさい"で洗いたい、と思いました。
    いつ、どのタイミングで洗ったらよいでしょうか?」

    う〜ん。発芽玄米・・・

    私は普段、市販の発芽玄米を使っているのですが、
    このごろ塩気が多いような気がしていました。
    チャンス到来とはこのことなのでしょうか。
    今日は、発芽玄米について調べることにしました

    発芽玄米は生きているものだから、腐りやすい。
    市販の発芽玄米は、品質保持のために、
    塩分を添加している、とあります。

    発芽玄米の作り方には、
    高温方式と低温方式の2種類あるそうです。
    近頃話題の「野菜の50℃洗い」も同じ理由ですが、
    “温度管理”って、面倒臭くないですか?
    高温方式だと、細菌類が増えそうな感じがします。

    ご質問いただいたお客様のように、
    冷蔵庫で簡単に作れるのなら、やってみたくなります。

    お米にとって、最初につける水はとても大切、とあります。
    乾いたお米は、一気に水を吸収しますから、“良質の水”を使います。
    ◆水道水には塩素が使われているので、カルキ臭が残ります。

    発芽玄米の作り方です。
    1.玄米の汚れ除去・・・安心やさい溶液に10分間浸け置き。
    2.“良い水”に浸けて冷蔵庫に入れる。
    3.数日後に発芽する。


    お米を精米するのは、美味しく食べるためなのですが、
    わざわざ栄養分をそぎとっているのです。
    もみ殻を外した状態の玄米は、お米の栄養を全部蓄えています。
    さらに、
    玄米は、芽を出すときにたくさんの栄養分を作ります。

    発芽させてから食べるのが一番効率的だったのですね。
    それをいただきましょう、という発想です。

    残留農薬は米ぬか部分にある、と聞いていたので、
    玄米を食べるなら無農薬栽培しかない、と決めていました。
    それに、栄養なら他の食材から取ればよい、と思っていました。

    ところが、この秋、
    無農薬の玄米を売っているところを見つけました
    数量は少ないので、すぐ売り切れになってしまうでしょうが、
    ご紹介します。
    こちらからご覧ください旨い米を作る
    ※"素人がベテラン農家さんの協力を得て「旨い米づくり」に挑戦する過程"もじっくり読めますよ

    実は私、昨日注文しました
    美味しいお米が週末には到着するでしょう。
    今からワクワクしています

    ・・・そして・・・
    安心やさい溶液は、発芽させるには“良い水”なのかもしれません
    水道水の残留塩素も分解します。
    還元電位も低くなっています。
    バクテリアの増殖も防止します。
    カルシウムは必須ミネラルです。

    遅まきながら、発芽玄米を作ってみたくなりました。
    結果はご報告しますのでお楽しみに
     
    | anshin-yasai | コラム | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://anshin-yasai.jugem.jp/trackback/313
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ